在りのままの意味で宇宙的な永遠の自己確立道筋発見=次元上昇への道探索!!!

ハイヤーセルフについて

ハイヤーセルフについて

参考文献より:
サイト名  「徹底検索、堀進」さんより情報を転載:

  • アセンションとは

2011/2/2(水) 午前 10:39
アセンション1
その他超常現象

(転載)


アセンションとは:
アセンションとは日本語では次元上昇のことです。
星の知的生命体が進化すると必ずアセンションという神の仕組みがあります。
蝶々が卵から幼虫、さなぎ、そして成虫に進化する様にです。
今回行われる地球上のアセンションは三次元から五次元に次元上昇します。
なぜ四次元ではないかというと、四次元は昔の地球の支配者の創った幽界、霊界、神界だからです。
今回は四次元は無くなって三次元と五次元だけになります。地球の霊界などは無くなって、宇宙霊界(ニルヴァーナ)という所(星)へ行きます。
宇宙霊界へ行けない低俗な人は四次元の星や三次元の星へ行き生まれ変わります。火星の虫になるかもしれません。


アセンションは地球上だけのものではなく、太陽系内のすべての惑星のみならず、銀河系の大きな部分まで巻き込んだ、一大イベントです。
銀河系の中心からの超微粒子で地球の五次元化が行われつつあります。人間の五次元化は人それぞれによる。できる人とできない人とある。
地球上は三次元→五次元ですが、もう一段進化した星では五次元→六次元、更に進化した星は六次元→七次元、上へ上へと上がっていきます。

歴史

今まで地球上では六度、高度な文明がありましたが、戦争などで滅んでしまいました。
アトランティス大陸は今以上に高度な文明だったのですが、科学を発達させすぎ、悪霊が入ってきたりして、大陸は沈んでしまいました。
シュメール人は半魚人に科学を教えてもらったりして高度な文明になったのですが、核戦争で滅んでしまいました。
サハラ砂漠とゴビ砂漠は核戦争であのような砂漠地帯になったそうです。
今回のアセンションは七回目の挑戦。今度こそなんとしても実現させたいと宇宙の各地から地球周辺に高次元のUFOがやってきています。
ずっと長い間、避難していた地底人たちも地上がアセンションすることを待ち望んでいます。太古に滅んだとされる生物も地底で生きています。

五次元へ行く人と三次元止まりの人

善を好み善行を行う人は五次元。利己的なネガティブな人は三次元。
自分の利益優先の人、利己主義者は三次元。人々のために尽くす人、利他主義者は五次元。
宇宙のネットワークにつながっている人しか五次元へ行けない。霊の存在を否定する人は五次元へ行けない。
現在、どっちつかずの四次元上にいるほとんどの人は五次元に行くか三次元に残るか決めなければならない。
五次元の扉が閉められる時(2016年又はそれ以前)になっても四次元どまりの人は三次元にしか行けない。

アセンションしないとどうなるか

現在の状態が強められます。ヤミの世界支配者たちは政府も経済もエネルギーもマスコミもすべて支配しています。それがますます強められます。
ヤミに従わない総理は脅されたりして短命に終わります。全ての人々にチップが埋め込まれ、奴隷にされ、従わない者は殺されます。
宇宙を侵略するようになるから、周辺の宇宙人は地球滅亡を望むようになります。数千年進化した超技術によって滅亡するように誘導されます。


マスコミも政府も言わないが、なぜ


世界を絶対的に支配している権力者が地球上のアセンションをさせたくないからです。
アセンションすると支配体制が完全に壊れるから。
極少数の支配者に世界のほとんどの人たちは支配されてしまっています。政治、経済、金融、マスコミ、全てです。
支配しているのはレプティリアン(爬虫類人)の霊。霊だから殺しても死なない。イルミナティという組織を操っています。


現在、UFOに乗った善い宇宙人達とヤミの支配者達は戦っています。もうすぐ、ヤミは敗れて戦いは終ります。


五次元や三次元はどうなるか

地球上はだんだんと周波数が高まっていき、高い周波数に耐えられなくなった人は死に易くなります。低い周波数の人ほど早く死にます。
五次元の扉が閉められるときがきます。扉が閉められると五次元には上がれません。もう少しで五次元の人も三次元に落ちる。
ある日突然、神のような心をした五次元の人が見えなくなります。こうなると完全に三次元と五次元が分かれる。
死ぬと周波数が高くなるので死んで五次元へ行く人もある。どのような状態になるのかは不明。
五次元はとても住みよくなり、1000年以上天国のようなすばらしい世界になります。


五次元では

相手の心が読めるようになってきて、テレパシー能力ができます。悪い心を持つと相手に見透かされてしまい恥をかきます。

一切の悪い心を持たなくなる。政治家も企業も善いことしかできなくなる。人を悪くするような企業はつぶれる。

人々が善い心になると気候はとても良くなる。寒帯は暖かくなり、熱帯は涼しくなる。雨は夜に降る。

進化した宇宙人の技術で公害は全く無くなる。食料は無農薬。飲料水は活性化した水。すると、ほとんどの病気が無くなる。

細胞とDNAが変質し、高度な能力になり、死ななくなる。子供はできにくくなる。

睡眠は一時間ぐらいでよくなる。食べなくても良くなる。食べるのを楽しむために食事する。

人によって様々な超能力が身につく。前世を知るようになる。空間から物を出せるようになる。容姿を自由に変えられる。

お金の要らない社会となる。店屋へ行って無料でもらえる。健康のためもあり、1日4時間ほど仕事をする。

数千年以上進化した宇宙人たちや地底人の進化した技術を教えてもらえるようになる。

三次元では


三次元は次第に気候が荒れ果てていき、100年もすると生物が住めなくなります。三次元は氷河時代を迎えるといいます。
後もう少しで五次元になった人は、死んで五次元の霊となり地球上に住むようになる。
低俗な心の人は死んで、どこかの低俗な三次元の星に生まれ変わる。火星のうじ虫みたいな生物になる人もある。


未来

進化した地球人はこのあと何度もアセンションを重ねる。四回ぐらいアセンションすると、今の金星人や水星人ぐらいの水準になる。
何度も何度もアセンションすると太陽人のように太陽の中に住めるようになる。物質太陽ではなく、霊的太陽。

極度に進化するとどこかの星に憑いて星を生命化することができるようになる。太陽のような星も生命化する。
更には銀河系も生命化する。銀河系の中心部のブラックホールに生命の本体がある。物質ではなくスピリッツなのでブラックホールに吸い込まれても消滅しない。

ついには宇宙創造神と一体になる。宇宙が消滅状態になっても死なない。宇宙の全てが神となる。宇宙は次のサイクルを迎える。
その神が次のサイクルの神となる。全ての物質の中には神が宿っており、内在神となる。

時間

2011年2月のアブラハムのスターゲート。完全完了のオープンゲートの時、全世界平和が訪れる。
シリウス星人アブラハムが設計・配置した時空安定装置がアデン湾に沈んでいる。これが作動すれば中東全域にあるジッグラト[階段状ピラミッド]と呼ばれる太古の量子効果発生装置が地球の上空一帯に双子の防御装置をすばやく形成し、地上のすべての武器の機能を停止する。


ペテルギウスの超新星爆発は2012年ごろに起こり、2週間ぐらいは夜はなくなるだろう。


瞬間移動の日付は、地球のアセンション計画により、西暦2012年12月22日です。光のネットワークに繋がっていない方々は、破滅的な世界に取り残されます。


今回のポールシフト(極移動。南北極反転)の時期について色々と云われているとは想われますが、それは、西暦2012年12月22日冬至の日です。これは、地球のアセンションとセットになっています。


2012年12月23日に時間がゼロになって時間が止まる。(タイムウェーブゼロ理論)。時間がゼロになる。未来も過去も無く、常に今。時間の折り返し点。
時間と空間を超越した世界。時間の概念の変わる世界。
実際は時間の流れが早くなり、2012年ではなく、2011年10月28日に時間がゼロとなる。(コルマン)


冥王星付近に突然現れた直径250kmの大宇宙船は2012年末に地球に到着する予定。それが地球に現れると周波数が上がって五次元になる。


(時間の部分に関しては他から無断で引用させていただきました。
時期については予測が外れる可能性が50%以上でしょう。)

(転載)

この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/34645239.html


進化した存在たちの生き方


2008/9/24(水) 午前 5:55


進化した存在達のプロフィール


プレアデス人をモデルとして、彼ら4次元に住む進化した存在達の姿に触れてみましょう。
彼らの考え方の基本は、次の2点です。


1. 全てのものは一体である。
2. その一体の中で、全てが関連しあっている。


彼らには、所有という概念がありません。
個人で所有するものはなく、世話をするとか、ゆだねられたものを大切に愛し面倒を見るという考え方をします。だから、彼らの自家用車代わりの乗り物も、「私の乗り物」ではなくて、「私が今使っている乗り物」と考えるのです。
所属しているコミュニティの物を、共同で大切に使うという考え方なのです。


彼らには恥じという考え方がありません。
罪悪感もありません。
何故なら、能力がないと分かった事を、コミュニティはやれとは言わないからです。


彼らは、他に被害を与えようなどとは考えません。
他者に被害を与える事は、自分を害する事だと知っているからです。


彼らは嘘をつきません。常に真実を語ります。
彼らの言葉と行動は、一致しています。


彼らは、良く観察します。
彼らの中には、悪とか否定形は存在しません。
しかし、悪が存在しなければ、善がどんなものか分からなくなりがちです。
そういう場合、悪が必要な場合には、彼らは地球を観察するのです。
地球を観察する事によって、彼らはあなた方と同じ経験を思い出して、自分達の今の経験の判断の目安にするのです。


彼らは、子育てを年長者にゆだねます。
子供が、子供を育てたりはしません。
子供は、コミュニティの年長者達みんなで世話をします。
自分自身が生命の基本を学んでいる最中の若者から、生命の基本を学ぼうとしても無理だと知っているからです。


彼らは、競争をしません。
1人が失えば、全員が失う事を知っているからです。
だから、勝ち負けを娯楽とするスポーツやゲームは存在しません。
全ては一体なのですから、全てが適者でなければ、誰も適者では有り得ない事を知っているからです。


人を出し抜くとか、トップに上りつめるとか、成功すると言った事を、彼らは考えません。
だから、反対に失敗するという事もないのです。
持たざる者がいませんから、窮乏もないし貧乏人もいないのです。


彼らは、全体の為になる事に価値を置きます。
「全ては一体であり、物も十分にある」と考えるのが、彼らの考え方の基本にあります。
ところが地球では、「自分達はバラバラで、物は不足している、足りない」と考えるのに慣れていますから、それが全ての不安・プレッシャー・競争・嫉妬・怒り・葛藤・殺し合いにつながるのです。
地球では、世界の人口の1/5が、資源の4/5を消費しています。
恵まれた少数が、無思慮に浪費しなければ、全ての人に行き渡るだけ充分にあるのにです。


全ての人が資源を賢く使えば、少数が無思慮に浪費するよりも、ずっと少ない使用量で済むのにです。


みなさんは、全ては1つではなくてバラバラだという信念を持っていますから、それがあなた方の人生をみじめにして、人類の歴史を悲しいものにして、万人の為にという貴重な努力を空費させているのです。


この考え方さえ変えれば、地球の全ては変化します。


具体的にどうすればいいのかって?
全てが1つであるかのように行動しなさい。
誰もが辛い時を過ごしている自分であるように、誰もが公平なチャンスを待っている自分であるように、誰もが辛い経験をしている自分であるように、行動してごらんなさい。
そして、物は充分であるかのように行動してごらんなさい。
充分な金、充分な愛、充分な時間があったなら、あなたの行動は違ってくるはずです。
もっとオープンに自由に平等に、分かち合えるようになれます。


http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/6802/ufo-4jigen_001.htm


(我々地球人もこのような心に変わっていかなければ地球が滅びます。)


この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/17034364.html
転生のメカニズム


2008/9/20(土) 午前 7:56


adamski.jpサイト内検索  更新日: 2005/06/26 転生のメカニズムT.Luck


生と死、これは決して切り離すことの出来ない表裏一体の物です。男女が出会い〔波動の共鳴〕によって結ばれ、やがて受精が起こります。男女の波動が同調一体化することにより波動が増幅され、そして受精した事によりさらに強さが増します。その強力さにより、3番目〔古い肉体〕の波動が共鳴し始めます。そこには1+1=3の原理が発生しているのです。古くなった肉体は全ての役割を終わろうと準備段階に入るが、しかし本人のマインドは、それに気がつきません〔特に地球人は・・・〕本人を形成している肉体細胞はすでに生まれる側の親子〔胎児〕の波動と同調、共鳴し合っているのです。誕生するまでの間、死を迎える方にも準備期間はあるのです。そして既に生まれる場所〔肉体を現す〕は決まっているのです。

波動の共鳴により古い肉体から、新しい肉体に移行するだけの事なのです。そこには距離は存在しません。宇宙の意識という因の世界に存在するからです。それが肉体上の臨終であり、出生なのです。そしてその転生の瞬間こそが、もっとも愛を感じ、新しい肉体を得ることの喜びに浸る時なのです。人間には最も重要な部分だと思います。


人間の肉体細胞はあらゆる波動を映像に変えたり、また素晴らしい音響効果まで体験させてくれます。波動を翻訳する精密な翻訳機なのです。胎児は母親のお腹の中で母親の夢を共有することによって脳を発育、発達させ母親の心の動きもしっかりと翻訳しています。

そして親子〔胎児〕の強力な波動に導かれて、新しい肉体の誕生とともに古い肉体の全ての体験〔全ての過去〕を刻み込んだ、緻密な波動としての魂である宇宙の意識は新しい肉体である新生児に出生と同時に移行します。

その瞬間、新生児は全身に電気が流れるような強いショックを肉体内部で感じるのです。〔新しい肉体にスイッチが入る〕その瞬間から古い肉体〔前世〕からの記憶〔データ〕を引き継ぐのです。


肉体内部において全ての翻訳が始まります。
覚醒時には映像化し、睡眠時には夢という形で前世の記憶〔データ〕を再現し脳細胞に刻み込まれて、全身の細胞へと広がり、浸透そして記憶されていきます。

それは生後3ヶ月~6ヶ月位で外部から学習が始まる頃には全て完了します。その記録は決してごまかす事も曲げることもできないものなのです。そして、その記憶こそが人生の道標になるのです。


この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/16811117.html


マシュー11・もうすぐ開放されます


2008/9/20(土) 午前 7:49


アーリントンインスティテュートというグループが、たとえば、9・11の数ヶ月前に、燃えるビルからひとびとが飛び降りるといった夢を多くの人が見ている事実に注目し、人間には集団的な潜在意識レベルでなにか重大な事件を予見する能力があるのではないかと研究しているそうです。そして、つい最近、まったく離れている4人の人たちからアメリカ国内でこれから60日の間に、なにか9・11のような重大な破壊的事件が起こるという情報を受けたそうです。以下はそれに対するマシュー君の回答です。


(引用・転載)
マシューです。愛をこめて、ご挨拶します。


9・11に迫るような”非常に大規模で破壊的な事件”が、この60日の間に起こるかもしれないという可能性について、僕たちの考えを言います。


ある人たちは、集合意識これは宇宙の全体的意識という意味ですが、にコンタクトできる能力がありますが、それには天地創造以来のすべての思考形態、それが光でも闇でも、が含まれます。


闇の思考形態について言えば、最古の闇の思考形態が9・11を計画する思考形態に引き寄せられ、両者のエネルギーが一体となってイルミナティにあの悲劇の日を具象化させることができたのです。


そのとき地球は、もはや二度と闇の勢力の手による死と破壊を繰り返させないことを選んだのです。そして、彼女(地球)の自由意志を尊重して、神は、宇宙からの支援を得ることを認め、かれらのテクノロジーを使って世界中どこにおいてもそのような非人間的な謀略をすべて防ぐことにしたのです。


それ以来、かれらはすでに12回も防ぐことに成功しています。


これについてちょっと話しましょう。


地球の潜在エネルギーフィールド(場)の活動は、僕たちが今まで見たことがないほどに活発になってきています。それとともに、闇の勢力はますます絶望と恐怖に駆られ、あらゆる方向に暴れ出ていますが、かれらが薮から棒になっても、さらに強さを増している光によって抑え込まれています。


これらの地球にいる闇の操り人形たちは、自分たちの支配が衰えてきて、もう「やるかやられるか」というところまで来ていることを知っているのです。かれらの謀略がことごとく失敗に終っているのにもかかわらず、もし以下のふたつのシナリオを阻止することができれば、まだ形勢を取り戻せるチャンスがあるといまだに思っているのです。それこそ本当に”大規模で破壊的な”事件なのです。でもかれらはそれをどちらも防ぐことができないでしょう。


最初のシナリオは、ほかの宇宙文明人の否定できない存在です。


公表された10月14日の出現の際に、地球人類と宇宙人たちの安全が保証されないとしても、それが長く延期されることはないでしょう・・もう、その時が来ているのです。


そしてそれが起きれば、とくにアメリカ政府にとって非常に大きな打撃になるでしょう。それは長い間イルミナティの支配下にあったので、他の宇宙文明人たちの存在の可能性を否定してきただけでなく、地球外生命体(ET)が政府の指導者(大統領)たちにも会見していることや平和的な目的だけにやってきた宇宙人たちに対して敵対的な対応をしてきた事実を否定して来たからです。


二つ目は、”9・11”を計画し実行した者たちの真相です。


いま地球が軌道に入っている高い波動の中では、真実はこれ以上隠しきれません。9・11の真相が露見するとき、中東の石油資源支配以上のさらに深い目的があったことが明らかにされるでしょう。それはこの惑星全体の支配であり、そのためにその人間たちを殺しまた奴隷にするというものです。そしてそのときイルミナティの長い恐怖支配が終わりを告げるでしょう。


この二つの大きな事件が世界に与える衝撃は、いま進行中の世界の大変換と地球人類のスピリチュアルな再生プロセスのひとつです。それは、この惑星のあなたたち全員が生前に参加すると合意した、宇宙の兄弟たちとの共同事業である喜ばしいアセンションです。


宇宙集合意識にコンタクトできる人たちが見ていることを、あなたたちが知ることも同様に大事です。


多くのひとたちには、僕たちが地球の黄金時代について語ってきたことが正確に見れています・・それは、すべてのひとびとが愛に包まれ平和に暮らし、あなたたちの惑星の健康と美が復活し、あらゆる自然と人類の調和した共存世界です。もう地平線の近くに来ていて、コンティニウム(時空連続体)ではすでに創造されているこの素晴らしい地球には、第三密度の世界に蔓延っている怖れ、暴力、慾、偏見やほかの対立を産むものはまったく存在しません。


どちらの世界に住みたいと思うかはあなたたちの自由です。でも僕たちは、あらゆる魂への無条件の愛から、あなたたちが愛と平和の世界を選ぶように祈ります。


この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/16810913.html
夢から覚めて五次元へ


2008/9/11(木) 午前 6:14


次元上昇の現象の本質は意識の覚醒です。
三次元の自我意識はその発生の性質から覚醒できない意識です。
覚醒できる意識は人間の存在の背後にある大いなる意識です。

それは根本創造主まで次元を隔てて直接繋がる高次元の意識です。
脳の再起動を受けられた方は三次元の自我意識に対応する脳の情報処理領域がほとんど消去されました。
自分を認識する意識の一部に大いなる意識の影響を受けているという状態にあります。

現在自分だと思っている意識は三次元に条件づけられた反応だけです。
自分の周波数を覚醒した大いなる意識に共振させると全ての情報は自分の中から自然に溢れてきます。

ヨーガのサマディは自我意識の働きを完全に止める事により自分を認識する作用を大いなる意識の活動にゆだねる事です。
また他のあらゆる高度な精神活動又は愛の意識周波数における高次元意識はヨーガのサマディや仏教の悟りと全く同じロジック回路を持ちます。

脳の再起動は人類を最速で次の到達点に引き上げる創造の根源から伝達された究極の最終解脱法です。
つまりヨーガのサマディや他のあらゆる高度な精神活動と同じメカニズムを持ちます。

ただ方法とアプローチが違うだけで覚醒という意味においては全く同じ現象です。

ですから早く三次元に条件づけられた意識活動を観察して下さい。
それは自分の意識ではなく現代社会と家族や常識やモラルや科学という幻想からのマインドコントロールであることがわかれば 覚醒への第一歩となります。


見えない世界は高次の世界であり、その高次の世界からなんらかの通信・指示を得ようとする傾向がある。
アセンションをしても通常意識は何も変わらない事は ^脳の再起動を受けアセンションされた現在の皆さんの意識を鑑みても理解できるはずです。
私自身も昨年の10月初旬に初めてキリパ村でアセンションし、それからの意識状態の変化を見つめて参りました。
確実に変わるものは波動が低い魚肉的なものを好まなくなる。
そして三次元のコントロールゲームや価値観に追いていけなくなるという事でした。
しかし,脳の再起動の時にキネシオロジーで確認した事は全て事実です。
皆さんは五次元の周波数で振動しもう老化で死ぬ事はありません。


脳の再起動で覚醒した意識を 通常の意識と思っている方がいらっしゃいます。
しかしそれは正しい認識ではありませんので若干の説明を述べます
インド哲学ではこの世界をMAYA(神の夢)と表現します。
どういう意味かというと 文字通りこの世界は夢の中の出来事なのです。

ですから私たちが起きていると思っている意識 つまり通常意識は実は夢の中で眠っている意識なのです。

逆に私たちがこの世界で眠ると個人の夢の中の意識(潜在意識)にたどり着きますが、その意識もまた眠っている意識です。

脳の再起動では大量の感覚情報の洪水を共振ピラミッドの作用で光のスピードよりも速い電子の回転周波数で 脳に直接アプローチいたしました。
その結果 意識の背後にある大いなる意識に到達する信号を 三次元の脳から送ったことになりました。

その情報の洪水で これまで眠っていた潜在意識のレベルで覚醒が起こっているのです。

脳の再起動は創造の中心から伝達されてスーパーテクノロジーです。
アナログという感想を持っている方もいらっしゃるかも知れませんが
このテクノロジーはあらゆる次元や時間軸・現象象限・時代で通用する 感覚情報を扱う究極のテクノロジーなのです。

脳の再起動で覚醒した意識は皆さんの潜在意識です。
その影響が通常意識まで到達するのには個人差があるようです。
セッションを続けて受けられた方や何度も受けられた方の中には潜在意識の覚醒が通常意識の覚醒に影響し 少しづつ夢から醒めつつある方もいらっしゃるようです。

難しい考え方なのですが この世界は夢である事は何万年も前から判っている事実である事に気がついて下さい。
http://ascension.jp/


この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/16333252.html


(以上、転載終了)
サイト「徹底検索、堀進」さんへ、詳細な情報を感謝します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional