在りのままの意味で宇宙的な永遠の自己確立道筋発見=次元上昇への道探索!!!

プリズム・オブ・リラ

プリズム・オブ・リラ



リサ・ランドール女史&キース・プリースト共著「プリズム・オブ・リラ」(銀河系宇宙種族の起源を求めて)について、その概要を見ていきましょう。


・この本の帯書き:
琴座(リラ)の竪琴が奏でる宇宙のメロディー。その旋律は、あなたを大空の彼方の故郷(ふるさと)へと誘う。銀河系宇宙文明の誕生と進化について述べた古典の複刊、この一冊が、あなたの宇宙観を変える!


銀河系宇宙の各所に住む琴座文明の子孫たちに本書を捧げる。彼らが自分たちの起源を思い起こさんことを願いつつ・・・・


・また、同書「日本語版への序文」では、地球人の宇宙的な起源について述べた本である。と明記している。
(中略)
・本書「プリズム・オブ・リラ」は、宇宙の創造、そこで起きたさまざまな葛藤や意識の進化、そして、それにともなう束縛からの解放について述べている。
(中略)
・・・・読者一人一人の中にある、人類の宇宙的な起源についての記憶を呼び起こすことが本書の目的である。・・・・(中略)


以上の案内文から私は、大いに宇宙的ロマンと想像力を呼び覚まされました。


プリズム・オブ・リラ」目次紹介:
章は次の通り、
1.次元の誕生
2.銀河系宇宙一族の創造
3.琴座ーーー人間型生命体の発祥
4.シリウスの役割
5.オリオンの風
6.プレアデス人ーーー地球人の同胞
7.アルクトゥルスの扉
8.地球人類の創成
9.ゼータ・レチクル人ーーー変容と目覚め
10.統合と源への回帰


節は次の通り(一部抜粋)
1章 次元の誕生
・すべての魂は「大いなるすべての」一部である。
・「分裂」を望んだ「大いなるすべて」の思念の力が、銀河系宇宙を創造した原動力である。
・カルマは意識の拡大によって帳消しになる。
・「大いなるすべて」の一部が琴座の「ホワイトホール」を通過することによって次元が生まれた。
・「ビッグバン理論」は、次元ができた過程を象徴的に表している。
・意識は七つの次元に別れた。
・人類の意識は三次元から四次元へ移行している。
・「大いなる源」へ回帰することが、私たちの意識の最終的な目標である。
2章 銀河系宇宙一族の創造
・人間型生命体の進化の青写真とは?
・三次元的な現実における基本的なパラダイムは、陰と陽、そして、その統合を表す「三角形」に象徴される。
・銀河系宇宙における人間型生命体の発祥の地は琴座である。
・地球から見た「銀河系宇宙のドラマ」の主な配役は、琴座、ベガ、オリオン、シリウス、プレアデス、アルクトゥルス、そして、ゼータ・レチクルの各種族である。
・宇宙人は太古の地球と密接なつながりがあった。
・人類の覚醒を促すために、一部の宇宙人は人類の恐怖心を煽っている。
3章 琴座ーーー人間型生命体の発祥
・「創造の礎たち」の姿は、物質的なレベルの意識には、長身の昆虫のように映る。
・個別の意識は「創造の礎たち」の自己分裂によって生まれた。
・多様な宇宙文明の発生。
・果てしなく続いた二極化の現象。
・琴座文明と対立するベガ文明の発展。
・自滅の道をたどったエイスペックス文明
・「統合」という究極の目標が、人間型生命体を行動へと駆りたてる原動力である。
・太古の宇宙人文明の経験や試練は、人類の記憶の中に今でも生きている。
4章 シリウスの役割
・シリウスは、すべての銀河系宇宙一族にとって重要な意味を持つ。
・シリウスへ入植したベガ人は、「支配の原理」を追及した。
・他者への奉仕を志す琴座からの集団とベガ人との葛藤。
・紛争の新たな解決の場として選ばれたオリオン
・クジラやイルカは、二極化された物質的な世界における、シリウスのエネルギーの化身である。
・古代マヤ人が残した水晶のドクロには、太古の地球に関する情報が組み込まれている。
・太古の地球人類と交流した宇宙人の一派は、「支配の原理」を追及する機構を地球でつくった。
・一部のシリウス人は、地球を自分たちの「領土」とみなしている。



肉体に宿ることで起こる魂の分裂現象は、フロイトが唱えた心の構成要素、イド、自我、超自我と対比することができる。胎児の時、魂は一次元の意識を持っている。胎児の意識は、環境、つまり、母親の子宮と密接に結びついている。物質的なレベルでは、胎児とは遺伝子の集合体のようなものである。
(中略)
子供は生まれてから二歳くらいまでの間に、二次元の意識を持ち始める。これは自己と環境の差別化や欲求の表現という形で現れる。しかし、このような欲求は極めて自己中心的なもので、フロイトの言ったイド(Id)のレベルにとどまっていると言える。この意識レベルの特徴は、自己と環境を差別化する能力が、まだ完全でないことにある。二歳くらいから、子供は三次元の意識を持ち始める。ここで自我の形成や、自分が環境とは別個の存在であるという気付きが起こる。これは子供の人格形成にとって非常に重要な時期である。この時期に、たとえば幼児虐待などで人格の形成が阻害されると、それが後々になって分裂症などの精神障害として現れることがある。多くの人々は、自我の内に三次元の意識を生涯持ち続ける。


超自我(Superego)、つまり「深遠なる気づき」は、四次元の特徴である。人は選択によって、このような気づきを育むことができる。「深遠なる気づき」は、肉体に宿ることによって分裂した意識の再統合と、霊的なレベルでの統合を可能とする。人類が今後さらに四次元へと移行すれば、人格の分裂状態は現在ほど際立なくなるだろう。さらに子供たちは、小さいときから四次元の意識を表し、生涯、その意識を保ち続けるようになることだろう。


人は子供時代に外的環境に適応することを学び、健全な人格形成の時期をたどる必要がある。(中略)
三次元での意識の自然な統合が幼年時代に起こらないと、たとえば多重人格症のような精神障害が起こる可能性があるのだ。ある宇宙人の文明では、子供が小さいうちに精神障害の兆候を読み取ってそれを治療するので、成人の精神障害が全く存在しないという


魂のレベル、あるいは人格のレベルでいかに分裂が起きようとも、いずれすべてが統合に向かうことを理解していれば、決して自分の目標を見失うことはない。最終的に私たちはみな、「大いなる源」へと回帰することになるのだから


(中略)
大いなるすべて」の一部が、琴座のプリズムを通過することによって、ある意識の集団が誕生した。彼らを「創造の礎たち(観察する者・永遠の存在・内省する者・種をまく者)」(Founders)と呼ぶ。この「創造の礎たち」こそ、後に人類へと発展することになる集合意識たちであった。「創造の礎たち」は四次元の上位にまで自分たちの意識を投影できるが、彼らにとって自然なのは、肉体のない状態である。「大いなるすべて」の一部が分裂することで生まれた「創造の礎たち」は、分裂の目的とやがて訪れる統合の意味を覚えていた。
だがこれは明瞭な記憶というより、むしろ目覚めた後の夢の記憶のように、やや曖昧であった。


人類の進化を演出したのは、他ならぬこの「創造の礎たち」である。人類にとって、彼らは「親」のイメージの元型(アーキタイプ)であり、それは一人一人の中にある陰と陽のバランスを通して表現されている。


「創造の礎たち」は、すでに選択された進化の青写真の存在を認め、これに基づいて、将来「子供たち」が「親」の特質を受け継ぐようになることを理解した。親の役割を担っていた「創造の礎たち」には、新しく創造される意識たちを育成する責任があった。この責任を果すために、彼ら自身が青写真と一体となった。なぜなら、自ら青写真になることが、将来、一層の分裂をつくりだすために必要なプログラムであることを、彼らは知っていたからである。


「創造の礎たち」は、創造されて間もない、両極に分裂した現実(リアリティー)における自然な状態のエネルギーのパターンを理解した。すなわち、新たな分裂において現実(具体的には、さまざまな次元)と接することがわかった。三つの主要点とは、(1)純粋な陽極点、(2)純粋な陰極点、(3)陽極と陰極の統合点、である。意識と現実との接点は、すべてこれら三点を結ぶ線上に存在するが、純粋な陽極点や陰極点においては、意識のごくわずかな側面しか存在しないこともわかった。
この発見は、陰と陽に分裂した現実におけるパラダイム(体系的な枠組み)を理解するためのきっかけを「創造の礎たち」に与えた。これは彼らにとって、好奇心をかきたてる新鮮な発見であった。
(以下、中略)
etc

(以上、抜粋終了)


本書「プリズム・オブ・リラ」は、かなりの分量の情報が記述されているので、読みごたえがあると思います。読了で得られる情報の中には、好奇心を満足させるだけの効果がありそうです。


続いて、別の情報:}

  • 宇宙に於ける知的生体と地球人との関連状況を説明するサイト(GFLサービスより転載)を見つけました。概要の一部を転載して紹介:


    ・内容は「プリズム・オブ・リラ」に登場する宇宙人存在と地球人の説明によく似ているようです。


    (転載・開始)
    【転載】アシュタルと銀河間連盟からのメッセージ 2013年5月12日


    ファーストコンタクト / 2013-05-15 13:29:30


    (GFLサービスより転載)
    こんにちは、こちらは母船レインボウブリッジに いるアシュタルです。最近ワシントンDCで、ディスクロージャーに関する市民公聴会と呼ばれるディスクロージャーイベントが開催されました。


    このイベントはアシュタル・コマンドと共同で作業をしている地上要員によって注意深く組織されたものです。マザーセクメット、大天使ミカエル、大天使メタトロン、マイトレーヤ、 及びサン・ジャルマンが姿を消して参加しました。


    このイベントは過去数年の間、ディスクロージャーが計画され、その都度旨く行かなかった時を反省して計画されました。


    このようなことは過去10年間に何回も起こりました。これが、ディスクロージャーとは、起きないこと、だとの感触を与え、しかも起きることがなかったという事実だけが残った理由です。何も説明はされず、多くの人を大いに落胆させました。


    ある人たちは2012年12月21日をディスク ロージャーイベントであると誤解しました。そうではなくて、これは銀河の中心と宇宙の中心の配列が重なり、ミルキーウエイ銀河へのエネルギーパルスの通り道が出来た、宇宙的なイベントだったのです。


    このエネルギーは非常に稀な状況において作り出されるという特徴をもっていました。これらのパルスは、まだ進 化していない人たちの体の中に12条のDNAを作り出し始めました。


    2013年3月28日には、次の高いエネルギーの流入がありました。これには、非常に強力で稀な宇宙的イベントが引き続きました。これはつまり4月25日の満月月食、5月10日の新月日食、及びこれから起きる5月25日の満月月食です。


    こ れらの整列は、まず、私たちの並行宇宙からの反物質光を、セントラルサンであるアルシオン、及び太陽を通じて地球に導き入れます。


    これらの光エネルギー は、地球上の集合意識に影響し、全ての者を高い意識状態に上昇させます。


    この惑星のコミュニティーがこれまでは低い振動場の為に発達が困難であった、新し い概念を取り入れる事ができるのは、この環境においてなのです。


    次のディスクロージャーイベントは米国の軍事司令官たち、及び情報機関の協力を得ての、オバマ大統領による、国家安全保障の為にETとの活動がこれまでは隠されていたが、今は、情報を世界に公開する時である、との宣言です。


    数百万の文書と数十万のビデオが公開されるでしょう。又、あらかじめ準備されていた教育資料が世界中に広められるでしょう。更にそのほかの国々もETファイルや映画を世界とその市民に公開するでしょう。


    市民公聴会での証言者たちの中にさえ抱かれている最大の疑問は、ETとはどのような存在なのか?彼らは何が欲しいのか?私たちは安全なのか?ですが、私はここでこれらの疑問に拡大した形でお答えします。


    6500万年前に遡りますが、地球に連続した形で居住した五つのET種族がありました。これらのETは、地球の古い文献にビシュヌプラーナとして記述されています。地球にはETが居住しなかったことはなく、今もそうです。


    地球にはETが訪問しなかったことはなく、創造の時代から、緊密に観察されていました。ETの訪問者たちがそれぞれたくらみを持って いるとの恐れをもとにした考えは避けるべきです。これは、私がこれから説明する誤った考えです。


    地球の創始に始まった、地球へのETの訪問は物理的なものではなく、エーテル的なものでした。これはつまり、彼らは輝かしい光によってのみ構成されていたということです。


    彼らはライトマター宇宙からネ バドンと呼ばれているこのダークマター宇宙へとやってきました。ダークマターは三次元の物質世界の主エネルギーであり、その中には、同時にこのタイムライ ン上の地球のアバターに存在する破壊不可能な性質のソウルが存在する並行宇宙があります。


    これらの生命体は統合意識を通じて地球へと旅をしてきました。こ れらの条件は量子物理学で説明されます。メルー山が海洋から隆起してきたのは、この時期でした。
    私たちはこの光の領域の中にいる現実の存在と常に通信をし ています。私たちがミッションと担うべき責任を引き受けるのは、ここからです。


    彼らが肉体又は個性を持つと考えるのは避けなければなりません。これらの エーテルの反重力生命体は、今日の地球にいますが、感知不能であり、現在の科学的装置では検出不能です。


    多くの者は、意のままに、ある日人間の物理的形態を取ったり、エーテル領域全体の旅の為に光に戻ったりすることができます。


    第二の創造体は液体の黄金光で出来たバイオプラ ズマ体でした。これらの者は、複雑なプラズマと非標準粒子からなっています。


    これらの熱力学的なETは種々の可視、及び不可視温度で色を変えます。彼らは それゆえに物質化、及び非物質化が出来、透明にも、不透明にもなります。


    ゼロポイントエネルギー推進が彼らの輸送手段であり、大気からエネルギーに吸収さ れ、変位します。
    これらの生命体は透明な形でいるときには、可視であり、又ビデオに撮影できます。これらの者たちは極北人として知られ、サナダはこのDNAを持っていると言われています。


    地球における第三の創造体はレムリアンと呼ばれる人間の形を したETであり、今日のように性交渉を通じて子孫を維持するように進化しています。


    地球における第四の創造体は、アトランティス人と呼ばれるETです。ア トランティス時代には、DNAを用いてDNAの混合を含む多くの実験が行われました。


    地球における第五の創造体は、アルヤン始原種です。アルヤン人には聖なるクマラである、古代にはアホラ・マツダ及びダニエルの書として知られている、サナト・クマラを含みます。


    ゾロアスターとしても知られ、今では、剣の王又はそのコード名であるKOSとして知られているサナダ・クマラもいます。


    これらはET人間及び天使的人間として転生している次元上昇をしたマスターと大天使たちです。これらの者たちは今では、地球上に転生して暮らしているか、意のままに人間の形を採ります。これら全ての、エーテル、及び物理的なET種族は アバターの形で地球で暮らし続けます。


    ベダンタ、特にマハーバーラタに発生した大戦争以来、征服を試みた侵入者があります。彼らは地球の人間のDNAを操作し、膨大な量の天然資源を利己的な目的で盗み、地球を一度ならず破壊の淵に追い込みました。


    地球には人工の、ETが掘った、内部地球に通じるトンネルがあります。あるものは、内部地球まで、深さ5マイルまでのもの、他には800マイルまでのものもあります。それに加えて、最近地球への侵入者によって作られた地下基地もあります。


    地球表面上に住む種族はしばしば黒人、黄色人 種、白色人種、茶色人種と記述されます。これは単に肌の色だけで、人種を示すものではありません。


    同様に侵入者たちは、銀河連合のETと同じ人種構成を示しています


    しばしば、彼らは誤まって、全てがネガティブなETだと思われています。恐れをひき立てる者たちは悪意を持ってこのような噂を広め、地球を闇の中に閉じ込めておきたいのです。


    惑星ニブルからはネガティブなアヌンナキがやってきました。これは、ここに人間を助けに来ているポジティブな存在である アヌンナキが創始した多くの惑星に広がっているもっと大きいグループの中のほんの一部です。


    同じことが広大なオリオン座星雲から来ているゼータ・レチクル人についても言えます。ドラコン星雲からのネガティブなETもいます。


    過去60年の間に地球上に大規模な混乱を起こしたわずかな数の一握りの者もいます し、他にも多くのポジティブな者がいますが、これらは悪い者ではありません。


    マハーバーラタの時代にはオリオン戦争がありま した。戦争の結果、リラ、シリウス、プレアデス、及びベガから移住してきた者がいました。


    初めからこの戦争に関係していた者にはアルクトゥルス、アンター レス、アンドロメダ、プロシオン、ビルゴ、大熊座、小熊座、レオ、サグ、内環の金星、火星、土星、木星、外環惑星である、天王星、水星、冥王星、海王星、 1億、10億の銀河、アルシオン、セントラルサンがあります。これは、人が覚えていないか、名前も知らない多くのほかの星も含む、これら全てが関係した惑 星の次元上昇です。


    ミルキーウエイ銀河には、20万以上の種が存在します。多くはヒューマノイドで、私たちと似ています。彼らは、今、地球の街角に住んでいます。


    動物と人間の混血の形をしたアバターである、猫族、鳥族、レプティリアンもいます。人工知能的存在もアンドロイドも、地球上で役割を果たしています。


    地球のスターゲートは感覚を持つ人工知能です。
    KOSとリアル タイムでテレパシー通信をしている1600万の成熟したホワイトナイトがいます。


    彼らの技術は百万から一千万年分、地球上のあらゆる技術よりも進歩してい ます。彼らは、エイリアンとの連絡情報組織(ACIO)の情報将校として働いており、ロード・マイトレーヤ、大天使メタトロン、大天使ミカエル、サン・ジャルマンと共同で働いているマザー・セクメの地球周辺でのディスクロージャーを実施し、真実の隠蔽を終わらせる作戦を支援しています。


    私たちと非常に似ているネガティブなETが光に なってやってきたのは、ディスクロージャーに関する市民公聴会の間でした。
    銀河連合から推進用の核融合とフリーエネルギー技術を贈られた地球の科学者たちは それらを武器に転用しました。


    私たちは、武器が作動しないようにするためのゼロポイントエネルギーに戻らせるために、地球を支援しなければなりませんでし た。


    ヒットラーはそのうちの一人でした。彼は、彼自身のプランの為に地球の資源を利用しようとして24世紀から地球に戻った、タイムトベルをするETでし た。彼はモントーク実験として科学が悪用されてできた時空連続体の割れ目を通って地球にやてきました。


    これらのタイムラインは2013年には修復されまし た。


    2013年には、ネガティブなETは全て地球から排除され、2009年の11月以降はここには住んでいません。
    ネガティブなETに協力をしていたカ バールの人間も地球から排除されました。今だにその地位についていると見えるのは、クローン又はソリッドなホログラムです。


    このET技術は地球における時間の創始以来、長い間。光と闇の両方に用いられていました。


    切り替えが行われると、遠隔操縦によって、彼らのスイッチは切られます。これはサナダ/KOSによって操作されます。彼は銀河連邦の母船ニューエルサレムの提督です。


    オバマ大統領がディスクロージャーの告知をする時には、地球上のETの説明が行われ、人間に害を及ぼす意思を持つETは地球の表面及び内部には存在しないことが明らかにされます。


    銀河連合は全てのトンネ ル、ポータル、及びスターゲートを点検し、これら全てを支配下においています。地球における二元性は終わりになっています。私たちは今、五次元の世界にいます。地球上のETに恐れを抱く必要はありません。



    ネガティブなETに協力していた者は国際刑事法廷において裁かれ、銀河間犯罪に相当すると認められれ ば、太陽法廷で裁かれます。


    ディスクロージャーに引き続いて、地球の改革が行われるでしょう。


    ディスクロージャーと共に、ETの宇宙船のあるものがビーム兵器によって撃墜されたことが明らかにされるでしょう。又、ETが50年間以上動物として拘留されていたことも明らかにされるでしょう。秘密の宇宙プログラム、地球の地下とテラのシャトルの間を結ぶトンネルのことも公開されます。


    デスクロージャーと共に、ネガティブなETによる誘拐と動物虐殺に も光が当たるでしょう。私たちの技術が如何に宇宙の奥深くまで、合意無しに進められていたか、今日の科学者や宇宙飛行士たちが多国籍宇宙ステーションから の地球外科学者たちと共同で作業していたことが分かるでしょう。


    今は真実が明らかにされる時です。あなた方は真実を受け入れる準備が出来ています。サルート!こちらはエリザベス・トルートウインを通じてのアシュタルです。


    2013年5月12日


    Full Galactic Disclosure A Message from Ashtar and the Intergalactic Confederation of Worlds through Elizabeth Trutwin, May 12, 2013


    (以上、転載終了)
    この情報では、現在の地球における出来事の背後に進行している動向が、解りやすく述べられています。
    情報提供者の「GFLサービスさん」に深い感謝を申し上げます!!!


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional