在りのままの意味で宇宙的な永遠の自己確立道筋発見=次元上昇への道探索!!!

光・波動・電磁波に関する関連情報

光・波動・電磁波に関する関連情報



ー波動とは?
wikipediaによれば:
波動」 を「オカルト」的に見れば、
以下抜粋


波動(はどう、英: Vibration)は、サイエンス・フィクション (SF)、伝統・代替医療、オカルト、疑似科学のラジオニクスなどで使われる生命力エネルギーの概念のことである。多くは、世界は単なる物質と、それと等価の既知なるエネルギーの態様のみではなく、何らかの未知なるエネルギーの態様が存在していると捉えている。


概略

SF における波動は、人類には未知の、原子力を超えたテクノロジーを表す場合が多い(波動砲を参照)。


オカルトや代替医療においては、英語の Vibration の訳語であり、「波動」の他には「振動」「エネルギー」などと訳される。肯定的に評価しても仮説であり、疑似科学であると批判されることが多い。物理学での「波動 (wave)」とは異なるもので、その名称から、物理学的な裏付けがあるように考えられがちであり、典型的なバズワードである。


「波動」という言葉は、代替医療を標榜する悪徳商法でも使われる[1]ことも少なからずある。
近代まで


古来、洋の東西において、目に見えない力やエネルギー、微細な物質(質料)についての素朴な諸観念が形成されてきた。そして多くの文化圏において、これらを生命力と結びつけて考える生気論的世界観の伝統が見られる。たとえばよく知られているものとしては中国における気であり、インドにおけるプラーナであり、ストア派などの古代哲学やガレノス医学におけるプネウマである。

近現代の西欧では、こうした前近代的な諸観念は、機械論的世界観の登場と自然科学の進展とともに科学の表舞台から去って行き、近代オカルティズムの中の概念として生き残ることとなった。たとえばアリストテレスの『天体論』において星界の元素とされたエーテルの概念は、中世から近世までのヨーロッパの宇宙観に受け継がれたが、今日これは「エーテル体」や「アストラルライト」などのオカルト用語にその名残を見ることができる。
(近代物理学でも、電磁波を伝えるとされた媒質がエーテルと呼ばれたが、その存在がなくても現象を説明できるため今日では取り上げられなくなった。)


代替医療研究家のリチャード・ガーバー(医学博士)[2]は著述で聖書での手をかざして治療を行う手当て療法、中国の気功や鍼[3][4][5][6][7]やヒンドゥー教でのプラーナ[8]、近代ではエーテル体(19世紀の神秘家ブラヴァツキー夫人などによる)[9]、動物磁気(18世紀、ドイツの医学者フランツ・アントン・メスメルなどによる)[10]、ホメオパシー[11]との関連を指摘している。これらの概念の系譜の中に、現代のオカルトや代替医療における「波動」を位置づけることができる。

20世紀以降
キルリアン写真で撮影された手。指先がコロナ放電している。

20世紀にこの分野に興味をもった科学者も多い。
波動という言葉を一躍有名にする[要出典]「ラジオニクス」を発明した、アルバート・エイブラムス(Dr.Albert Abrams 1865-1924)は医師である。ラジオニクスでは微細なエネルギーを患者に送り返すことができると考えるものがいる[12]。
また、イギリスのジョージ・デ・ラ・ウォー(George De La Warr 1904-1969)は、ラジオニクスを利用したカメラを製作し、未来の写真と主張するものを残している。


精神分析家のヴィルヘルム・ライヒの唱えたオルゴンというエネルギーが波動であるとして、代替医療に用いられる場合がある[13]。他にもエネルギーが波動であるとする代替医療は様々あり、もしここで記すとしたら、オルゴンではなく、レイキである。実際にレイキは、海外の大学病院などで補助的役割として施術されている。アメリカでは、ハーバード大学、コロンビア大学メディカルセンターなどレイキを導入している医療機関がある[14]。


1940年代には、ロシアのセミョーン・キルリアンが電場で生物を撮影することに成功した。これは一般にキルリアン写真と呼ばれる。さらに、葉っぱを切断してから撮影しても葉っぱの全体像が写るという「ファントム・リーフ」の現象も確認されている[15]。なんらかのエネルギー場が残っているとも考えられた。


機械論的世界観は分子や原子といった微細な物質のメカニズムを解明してきたが、それでも慢性的な疾患に対して対症療法的な医療しか行うことができなかった。薬剤や手術を用いずに治すということにはつながらなかった。電場や磁場など単に物質だけでは考えられないエネルギー場も発見されていった。


こうした流れの中で1960年代のヒッピー、1970年代後半からのニューエイジといった運動の中で取り上げられるようになった。20世紀後半は、スピリチュアリティや代替医療によるエーテルや気といった概念に再び関心が集まっていった。


20世紀後半には、電気や磁気や音を計測する機器の発達に伴って計測も行われた。


1950年代には、ドイツのフォルによって波動測定器のEAV(Electoric Acupuncture Voll:フォルの電気鍼)が開発された。経穴からの情報を解析し治療しようとする機器である。また、1989年にアメリカのカルフォルニア州で波動測定器MRA(Magnetic Resonance Analyzer)が開発された。MRAは全身の波動を解析すると言われている。1989年にMRAを日本に導入したのが『水からの伝言』の著者江本勝である。


こうした機器によって波動の強弱を測定した飲食品や商品が代替医療に用いられる場合がある[16]。しかし、効果の実証はなく、薬事法違反で関係者が告発されて逮捕された事件や、民事訴訟されたケースもある。前述のMRAは内部の回路は何ら測定・解析に関係ないものであることが判明している。現在、日本において科学的証明やエビデンスに基づかない効能を謳った商品などの販売は不当景品類及び不当表示防止法に抵触する[17]。


波動という概念を元にしたホメオパシーは、統計によってプラセボと同等であったため効果がないと報告されている[18]。


1995年には、波動測定器の関係者によってサトルエネルギー学会が設立されている。学会という名前がついてはいるが、実際のところは、MRAなどの機器販売関係者による互助会である。
脚注
[ヘルプ]

^ 詐欺師としての資質の高さの証明なのか、阿曽山大噴火コラム「裁判Showに行こう」 (日刊スポーツ)
^ Author Profile Richard Gerber,M.D.
^ 中国の伝統的な治療法である鍼灸の最古の文献は『黄帝内経』といわれ、紀元前から成立している。鍼灸では気が経絡という目に見えない経路に沿って流れていると考え、それぞれの経絡は各種の臓器につながっており、気の入り口は経穴と呼ばれる; ガーバー 2000、217頁。
^ 萩原弘道 『波動こそが病気を治す』 PHP研究所、1996年1月、ISBN 978-4569550213。18頁。
^ 野呂瀬民知雄『ドイツ振動医学が生んだ新しい波動健康法-日本に上陸したバイオレゾナンス・メソッドのすべて』 ヴィンフリート・ジモン監、現代書林、2003年、ISBN 978-4774504780。1、3頁。
^ 佐藤好司 『波動測定とオーラ占い』 現代書林、2004年、ISBN 978-4774506340。3頁。
^ ガーバー 2000、224頁。
^ ガーバー 2000、216頁。
^ ガーバー 2000、146頁。
^ ガーバー 2000、355-357頁。
^ ガーバー 2000、98頁。
^ ガーバー 2000、287頁。
^ 西海惇『波動物語 気・愛・オルゴンの奇跡』たま出版、2000/08 ISBN 978-4812701270
^ 有元裕見子『スピリチュアル市場の研究』東洋経済、2011/05 ISBN 978-4-492-76199-1
^ ガーバー 2000、63-64頁。
^ 安藤由朗『「がん」になったら、私はこの代替医療を選択する―元がんセンター医師の告白』現代書林、2007/11/3 ISBN 978-4774510842
^ 東京都生活文化スポーツ局 2009
^ Aijing Shang et.al. (27 August 2005-2 September 2005). “Are the clinical effects of homoeopathy placebo effects? Comparative study of placebo-controlled trials of homoeopathy and allopathy”. Lancet (Elsevier) 366 (9487): pp. 726-732.

参考文献

リチャード・ガーバー 『バイブレーショナル・メディスン いのちを癒す〈エネルギー医学〉の全体像』 上野圭一監訳、真鍋太史郎訳、日本教文社、2000年10月、664頁。ISBN 4-531-08127-7。

関連項目

代替医療、疑似科学、超科学、ホメオパシー、医療類似行為
波動測定器、水からの伝言、レメディー、マイナスイオン
タキオン
風水、気功(タッチセラピー)、鍼灸、アーユルベーダ、スピリチュアリズム、洗脳(心霊商法)、チャネラー
フランツ・アントン・メスメル(メスメリズム)、アルバート・エーブラムズ、陰山泰成、日比孝吉(めいらくグループ創始者)、関英男(東京工業大学電気工学科卒、工学博士、日本サイ科学会会長・名誉会長)、デローリス・クリーガー(イグノーベル賞受賞)、ジェームス・ランディ、菊池誠(懐疑主義者)
EM菌 江本勝、ファンタジー本「水からの伝言」作者。比嘉照夫、名桜大学教授、国際EM技術研究所所長。
疑似科学
ニューエイジ


電磁波とは


電磁波(でんじは)は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる光や電波は電磁波である。よくある「電界と磁界がお互いの電磁誘導によって交互に相手を発生させ合う」という説明は誤りであり、何らかの原因(電荷の運動や電流の変化等)によって生じた電磁場の時間変動が空間を伝播していく、ということが電磁波の本質である。


電場と磁場は真空中にも存在するため、波を伝える媒体となる物質(媒質)が何も存在しない真空中でも電磁波は伝わる。電磁波の電場と磁場の振動方向はお互いに直角であり、また電磁波の進行方向もこれらと直角である。基本的には電磁波は空間中を直進するが、物質が存在する空間では、吸収・屈折・散乱・回折・干渉・反射などの現象が起こる。また、重力場などの空間の歪みによって進行方向が曲がることが観測されている。


電磁波は線型な波動であり、 したがって重ね合わせの原理が成り立つ。そこで、 電磁波を特定方向に振動し, 特定方向のみに進む正弦波(平面波)の重ね合わせに分解して考えることが多い。そのような正弦波は、波長、振幅、伝播方向、偏光、位相という属性で完全に特徴付けられる。ある電磁波を多くの正弦波の重ね合わせとみなしたとき、波長ごとの成分をスペクトルという。


電磁波は, 特にその波長によって物体との相互作用が異なる。そこで、波長帯ごとに電磁波は違う呼び方をされることがある。
すなわち, 波長の長い方から、電波・赤外線・可視光線・紫外線・X線・ガンマ線などと呼ばれる。
我々の目で見えるのは可視光線のみだが、その範囲 (波長0.4 μm - 0.7 μm) は電磁波の中でも極めて狭い。


真空中を伝播する電磁波の速さは、観測者がどのような方向に、どのような速度で動きながら測定したとしても、一定値 299,792,458 m/s(約30万キロメートル毎秒)になる。これを光速度不変の原理という。これは様々な実験により, 確かめられている。
この真空中の光速度は、最も重要な物理定数の一つである。この光速度不変の原理を基にしてアインシュタインが特殊相対性理論を構築し、それまでの時間と空間の概念を一変させたことはとりわけ有名である。


一方、物質(媒質)中を伝播する電磁波の速度は、真空中の光速度を物質の屈折率で割った速度になる。
例えば、屈折率が 2.417 のダイヤモンドの中を伝播する可視光の速度は、真空中の光速度の約41%に低下する。
ところで、電磁波が、異なる屈折率の物質が接している境界を伝播するとき、その伝播速度が変化することから、屈折が起こる。これを利用したものにレンズがあり、メガネやカメラなどに使われている。
なお、屈折する角度は、電磁波の波長に依存する。これを分散と呼ぶ。虹が7色に見えるのは、太陽光が霧などの微小な水滴を通るとき、波長が長い赤色光よりも、波長の短い紫色光の方が、分散によってより大きく屈折するためである。


現在、『工事中』です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional